『もしもヘルプ手帳』 の評判、良い 口コミ、悪い口コミ、メリットとデメリットはどうなの? 【徹底解説】


飼い主の声から生まれたペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』の基本情報

項目 詳細
商品名 ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』
製造者 イラストレーターのオキエイコさん
製品の目的 飼い主が意思疎通できない状況でもペットの情報を伝え、適切なケアを確保するため
内容 ペットの基本情報、特性、食事の内容や頻度、重要な健康情報、緊急連絡先などを記録可能
サイズ A6サイズ
付属品 クリアカバー
価格 910円(税込)
販売場所 公式ショップ「もしもショップHelmo」、Amazon、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISEなど
寄付 1冊販売につき50円が公益財団法人 日本動物愛護協会へ寄付
関連商品 ねこ用、いぬ用、エキゾチックアニマル用のヘルプ手帳、ステッカー、マグネット、どうぶつヘルプカード
特記事項 初版は予約段階で完売、その後も何度か増刷される人気商品。複数ペットの飼い主にも適用可能。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』の評判

評判:女性一人暮らしとペットオーナーからの高評価

『もしもヘルプ手帳』は、一人暮らしでペットと暮らす女性から特に支持を得ています。また、「自分が倒れてしまったら家で待つペットはどうなるの?」という問題意識を持つ方々にとって、この商品の必要性を強く感じると評判です。さらに、ヘルプ手帳1冊につき50円を動物保護団体に寄付している点も評価が高く、お客様は自分の購入行為が動物の保護活動につながっていることに対して好意的な評判があります。

高評価の要因:包括的な内容と独自性

『もしもヘルプ手帳』はペットオーナーの間で高い評価を得ており、特にその包括的な内容と独自性が評価されています。それぞれの種類のペットに合わせた独自の項目が設けられており、猫や犬のような一般的なペットだけでなく、エキゾチックアニマルにも対応している点は特筆すべきです。また、緊急事態が発生した際に役立つ情報が詳細に記録されているため、飼い主の安心感を高めるとの評判があります。

メリット:細部までの情報管理と社会貢献

『もしもヘルプ手帳』は1匹につき1冊の形式で、プロフィールや体調管理など、細かい情報を記録できるのがメリットです。保護活動をしている方へのサポートも行われており、10冊につき1冊プレゼントされます。一部売り上げが動物保護活動に寄付されるため、購入者は自身の購入が社会貢献につながると評判です。

メディアからの評価:多数の取り上げによる評判

『もしもヘルプ手帳』は、飼い主やペット関連メディアから高い評価を受けています。雑誌「週刊朝日」や「中日新聞」などで取り上げられ、また朝日放送テレビの番組『おはよう朝日です』でも紹介されました。

『もしもヘルプ手帳』高評価のポイント:詳細な記録と直感的な使い勝手

評判は、・緊急時に役立つという安心感がある。 ・ペットの情報を詳細に記録でき、一目で理解可能。 ・飼育環境や事情に合わせて使える。 ・購入価格の一部が動物の殺処分を減らす運動への寄付に使われる、などが挙げられます。

猫飼いからの評判:猫の詳細な情報管理が可能

『もしもヘルプ手帳』は猫飼いの間で高く評価されています。その理由としては、以下のような特徴が挙げられます。猫の基本的な情報を始め、投薬の有無やワクチンの履歴、かかりつけの病院の情報、猫砂の種類や性格、日々の体調管理等、詳細な情報を記録することが可能です。

ユーザーフレンドリーなレイアウトが好評

『もしもヘルプ手帳』はペットの持病や日常の注意点、非常時に有用な情報など、総合的な情報を記録できるため、緊急時に役立つと評価されています。非常に詳細な項目があり、ペットについて詳しく記録できると好評です。美しいイラストとユーザーフレンドリーなレイアウトが特徴的で、見ているだけで楽しくなるとの評判があります。

需要の高さ:1ヶ月で2,500部の売上げ

『もしもヘルプ手帳』は1ヶ月で2,500部が販売されるなど、需要が非常に高いです。ユーザーはその内容と機能性を高く評価しており、ペットに何かあった場合でも安心感が得られると好評です。SNSや口コミだけで広がった商品でありながら、予約段階で完売したという点も評判の理由です。

ヘルプ手帳の高い評判:緊急時の情報提供と周知の手段

『もしもヘルプ手帳』は、ペットの緊急時に必要な情報がすぐに取り出せるという点で高評価を得ています。また、周りの人々にペットと一緒に生活していることを知らせることができ、ペットが何らかの問題に直面したときにすぐに対応できるという利点が挙げられています。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ

『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ─ペット情報の一元化が可能な安心ツール

「もしもヘルプ手帳」は、愛猫の詳細な情報を一元化して記録できるという点で、高評価を受けています。この手帳にはペットの情報を詳細に記録するスペースがあり、飼育環境や事情に合わせてカスタマイズできます。さらに、その使い勝手の良さから、緊急時の必需品ともされ、飼い主の安心感を高めるアイテムとして評価されています。

『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ─購入価格の一部が動物の命を守る運動に寄与

特筆すべき点として、「もしもヘルプ手帳」の購入価格の一部が、動物の殺処分を減らす運動への寄付に使われるという特性も評価されています。これは商品の購入がただ飼い主自身の安心感を得るだけでなく、社会貢献にもつながるという点が好評を博しています。

『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ─家族や友人もペットケアを容易に実施

また、自身に何かあった時、家族や友人がペットの世話をしやすくなるという利点も評価されています。「もしもヘルプ手帳」に記載された詳細な情報が、ペットケアを担当する第三者にとっても有用で、愛猫の病気の早期発見に役立つとされています。

『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ─記入が楽しくなる可愛らしいデザイン

さらに、「もしもヘルプ手帳」のイラストが可愛らしく、記入するのが楽しいという口コミも多く見られます。ユーザーフレンドリーなレイアウトと組み合わされた可愛らしいイラストが、手帳への記入を楽しみながら行える一因となっています。

『もしもヘルプ手帳』の良い口コミ─ペットとの生活を周囲に理解してもらう一助となるツール

最後に、「もしもヘルプ手帳」は、ペットと一緒に生活していることを周囲の人々に知らせ、ペットが何らかの問題に直面したときにすぐに対応できるという利点も評価されています。これはペットオーナーが周囲に対する情報提供の手段として利用でき、また、緊急時の対応力向上に寄与するとされています。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』の悪い口コミ

『もしもヘルプ手帳』─ ユーザーからの要望に応えて更なる改良を求める[悪い口コミ]

『もしもヘルプ手帳』は、ペットの緊急時に必要な情報がすぐに取り出せるという点で高評価を受けています。しかし、[悪い口コミ]として、一部のユーザーからは、さらに多種多様なペットへの対応や、より具体的な医療情報の提供を希望する声があることも見受けられます。

『もしもヘルプ手帳』─ 商品構成や配送方法に関する不満も[悪い口コミ]

一方、商品構成については、ヘルプカードが単体での販売がなく、ケースを含めた商品としてのみ販売されていることが[悪い口コミ]として挙げられます。配送についても、時間や日時の指定ができないクリックポストで行われていることは、時間や日時の指定が必要な方にとっては不便と感じられる可能性があります。

『もしもヘルプ手帳』─ 購入の利便性を高めるための改善が必要[悪い口コミ]

また、取扱店が少なく、主にネット販売となっていることは、店舗で購入したいユーザーから見れば[悪い口コミ]となりえます。購入しやすくするためには、さらに多くの実店舗での取り扱いが期待されています。

『もしもヘルプ手帳』─ 多頭飼いのコストや詳細情報の欠如に対する[悪い口コミ]

最後に、新しい商品であるため広く知られておらず、取り扱い店舗も限られている点や、多頭飼いの場合のコスト面、さらに具体的な詳細情報の欠如などが[悪い口コミ]として挙がっています。これらの改善要望に応えることで、より多くのユーザーに利用してもらえるようになるでしょう。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』のメリット

緊急時も安心!ペットのための『もしもヘルプ手帳』

『もしもヘルプ手帳』の最大のメリットは、飼い主が意識を失った場合や緊急事態においても、ペットの存在を周囲に伝え、その世話をお願いすることができる点です。また、商品の一部売上が動物保護活動に寄付されるため、消費者は購入行為を通じて動物保護に貢献できるという社会的な価値も享受できます。

ペット専用カスタマイズで、安心とケアを手に入れる

ペットの種類に応じたカスタマイズが可能な点も大きなメリットの一つです。各種手帳はペットの種類に合わせて設計されており、その動物種に特有のケアの詳細が記載されています。これにより、飼い主は自分のペットに最も適したケアを提供するための情報を得ることができます。さらに、『もしもヘルプ手帳』を持つことで、ペットのケアに関する不安が少しでも軽減できるかもしれません。

貢献と情報管理が一つに!一冊一匹の『もしもヘルプ手帳』

ヘルプ手帳は1匹につき1冊の形式で、プロフィールや体調管理など、細かい情報を記録できるのがメリットです。保護活動をしている方へのサポートも行われており、10冊につき1冊プレゼントされます。また、一部売り上げが動物保護活動に寄付されるため、購入者は自身の購入が社会貢献につながると感じることができます。

一元管理で緊急時も安心!あなたのペットを守る強い味方

『もしもヘルプ手帳』は、ペットのすべての情報を一元管理できる大きなメリットがあります。万が一の緊急時に、必要な情報をすぐに提供できます。これにより、緊急時にペットの全ての重要な情報がすぐに確認でき、ペットの日々の健康管理に役立つことが可能となります。

個性を詳細に記録!愛猫の生活をより豊かに

メリットとして、ペットの健康情報や日常的な特徴を詳細に記録できます。イラストが豊富で、記入するのが楽しいと感じるユーザーも多いでしょう。そして、緊急時に役立つ情報が一元化されているという安心感があります。

愛猫の生活を一冊に!可愛らしいデザインの『もしもヘルプ手帳』

猫の詳細な情報を記録することができ、飼い主がもしもの時に他の人が猫を引き継ぐ際に役立ちます。デザインが可愛らしく、自分の猫の特徴をイラストにして記録することができます。クリアカバーがついていて、汚れや破損から保護します。

まとめて安心!『もしもヘルプ手帳』でペットライフを豊かに

ペットの詳細な情報を一冊にまとめられること、クリアカバーにより本体を保護できること、愛猫の毛色や模様を描き加えるなど、自分だけのオリジナル手帳にすることができること、これらが大きなメリットとなります。さらに、1冊の販売ごとに50円が日本動物愛護協会に寄付され、動物の保護活動に役立てられます。

いつでも安心!あなたのペットを守る、『もしもヘルプ手帳』

ペットの緊急時に備えて必要な情報を一箇所にまとめられます。もしもの時に自分がいなくても、他の人が手帳を見ればペットを適切にケアできます。これにより、飼い主の心配や不安を減らすことができます。

愛護活動に貢献しながらペットを守る『もしもヘルプ手帳』

『もしもヘルプ手帳””では、ペットの健康状態や緊急時の対応方法をまとめておくことができます。これにより、周囲の人々にペットと一緒に生活していることを知らせ、緊急時の対応がスムーズになるというメリットがあります。さらに、ペットの愛護活動を支援するため、1冊につき50円が公財日本動物愛護協会に寄付されます。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』のデメリット

『もしもヘルプ手帳』のデメリット: 時間がかかる可能性と周囲の認知

『もしもヘルプ手帳』の明示的なデメリットは特に述べられていませんが、飼い主自身が意識を失った際に周囲の人々が手帳を発見し、内容を確認するまでには時間がかかるかもしれません。これは、緊急の時にペットのケアを任せる人に必要な情報をすぐに伝えることが難しい可能性を示しています。

個々のペットのニーズに対応できるか?『もしもヘルプ手帳』のデメリット

本文書には『もしもヘルプ手帳』のデメリットについての情報は示されていません。しかし、一般的に、この種のガイドは動物の特異な行動や健康状態に対応するための完全なソリューションを提供できない場合があります。個々のペットのニーズはその特性や状況により大きく異なるため、飼い主は常に専門的な動物医療のアドバイスを求めるべきです。

取扱店と多頭飼いの問題: 『もしもヘルプ手帳』のデメリット

『もしもヘルプ手帳』のデメリットとして挙げられるのは、実店舗での取扱店が限られている点です。また、多頭飼いの場合、それぞれに対応するために複数購入する必要があります。これは費用の面で考慮するべき問題となるでしょう。

『もしもヘルプ手帳』のデメリット: ペットの性格による不十分な記入項目

ペットの種類や性格によっては、『もしもヘルプ手帳』の記入項目が十分でない場合があるかもしれません。これは、個々のペットの独自性に対応するために、もっと具体的なガイドラインや記入例があると良いという意見を示しています。

『もしもヘルプ手帳』のデメリット: 詳細な情報の記入には時間がかかる

『もしもヘルプ手帳』は、ペットの詳細な情報をすべて記入するためには時間がかかる可能性があるというデメリットも指摘されています。これは、飼い主が忙しい場合や情報が豊富にある場合には特に時間の負担となりうるということを示しています。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』Q&Aまとめ

対応ペット種類:

『もしもヘルプ手帳』は猫、犬、エキゾチックアニマル用のヘルプ手帳があります。それぞれの手帳はそのペット種別に特化した情報を含んでおり、飼い主が急病や事故でペットの世話ができない状況になった場合にも役立ちます。

1匹につき1冊:

『もしもヘルプ手帳』は1匹につき1冊必要です。また、ヘルプカードはケースを含めた商品としてのみ販売しています。

大量購入:

『もしもヘルプ手帳』は動物の保護活動を応援しており、10冊につき1冊プレゼントされています。

配送:

『もしもヘルプ手帳』はご注文から約4日以内に発送しています。ただし、配送はクリックポストにてお届けするため、配送時間や日時の指定はできません。

販売場所:

『もしもヘルプ手帳』は現在、ネット販売のみとなっており、店頭での販売は行っていません。具体的な販売場所として公式オンラインショップ「もしもショップHelmo」やAmazonがあります。

多頭飼いの対応:

多頭飼いの場合、それぞれのペットに対応するために各ペットごとに『もしもヘルプ手帳』を用意することが推奨されています。

種類別の手帳:

現在は犬用の「いぬヘルプ手帳」、猫用の「ねこヘルプ手帳」、その他のエキゾチックアニマル全般に向けた「どうぶつヘルプ手帳」が存在します。これにより、自分の飼っているペットに最適な手帳を選ぶことが可能です。

 

ペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』その他の情報

手帳の進化:

『もしもヘルプ手帳』は飼い主の不安を解消するために生まれ、飼い主からのフィードバックにより進化し続けています。猫用の「ねこヘルプ手帳」から始まり、その後犬用の「いぬヘルプ手帳」、さらには全ての動物に対応した「どうぶつヘルプ手帳」も登場しました。飼い主からの多大な協力によってこれらの手帳は生まれ、大反響を呼んでいます。

オキエイコ氏:

『もしもヘルプ手帳』の作者であるオキエイコ氏は保護猫エッセイ「ねこ活はじめました」の著者でもあり、手帳はその経験から生まれました。オキエイコさんは自身も猫の飼い主であり、愛猫のために、そして全ての動物愛護のために、一冊一冊丁寧に手作りされています。

実店舗での取り扱い:

現時点では、実店舗での取り扱いは限られている可能性があります。

機能の追加や改良:

『もしもヘルプ手帳』は今後も機能の追加や改良が予定されている可能性があります。これにより、より詳細なペットの情報を記録するための項目が追加され、利便性が向上するかもしれません。

手帳の紹介や配布:

一部の動物病院やペット関連のイベントでも『もしもヘルプ手帳』の紹介や配布が行われていることもあります。そのため、ペットを飼う人々の間での認知度が上がり、より多くの人々がこの手帳を利用するようになる可能性があります。

動物愛護協会への寄付:

『もしもヘルプ手帳』の一部の収益が公益財団法人日本動物愛護協会に寄付され、動物の殺処分を減らす運動に利用されています。購入者は直接動物愛護活動を支援することができます。

 

ペットの健康を守る新しいパートナー『もしもヘルプ手帳』 by DTさん

私たちが家族として愛するペットたちにとって、もしもの時のための準備は何よりも重要です。そんな時に頼りになるのが『もしもヘルプ手帳』です。

手帳が担う、大切な役割

この手帳は、ペットの健康状態や病歴、接種歴など、様々な重要な情報を一元管理するためのツールです。緊急時には、ペットの生命を救う重要な情報源となります。

予防とケアのための知識

また、「もしもヘルプ手帳」はペットの病気の予防やケアに関する情報も提供します。これにより、ペットオーナーは日々のケアに必要な知識を得ることができます。

ペットとの強い絆を支える

最後に、この手帳はペットとオーナーの間の絆を深めるツールでもあります。毎日の健康チェックやケアの記録を通じて、ペットとのコミュニケーションが深まります。

「もしもヘルプ手帳」は、ペットの健康を守り、安心した生活を送るための必需品です。この手帳を手に入れて、ペットとの共有時間をさらに充実させましょう。



もしもに備えるペットの母子手帳『もしもヘルプ手帳』

 34 total views,  1 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です